ボーレザン サロン・ド・カフェ
Beaux Raisins Salon de Cafe

CAPD 2009

#1:外観

元安川沿いに建つカフェ。
まず何より、河岸緑地のグリーンを間近に感じられる立地が魅力だ。建築も大きな窓で室内と緑地&川との一体化を狙い、自らは壁面緑化を行って緑地の拡大に貢献しようという意図が読み取れる。
大手町界隈はマンション立地が進んでいる。それを悪いとは言わないけども、本来的には商業的な土地利用が望ましい。上は住宅でもいいから、低層部にこういった緑にこだわった店舗を連続させていくと、エリアの持つポテンシャルがもっと引き出されるように思う。(用途を増やすと効率が落ちるので簡単じゃないけど)